« ベビーサイン体験イベント | トップページ | 「BIZ-mom」第2号は“使える特集” »

2006年5月12日

男女差あり、「結婚・出産アンケート調査結果」

明治安田生活福祉研究所が実施した
「結婚・出産アンケート調査」の結果が発表されました。

この調査は昨年に続き、2回目の実施とのこと。
少子化に関する調査項目で、
興味深い傾向が出たようですので、紹介します。

☆人気blogランキングへ☆

前年の調査結果と比較すると、
男性にはプラスの変化、
女性にはマイナスの変化があったようです。

具体的には、以下のとおりです。
情報源: 明治安田生活福祉研究所 第2回結婚アンケート

  • 男性は・・・
    • 結婚への意欲: 3.0ポイント増加
    • 第一子を欲しい年齢: 0.5歳若く
    • 欲しい子どもの人数: 0.1人増加
  • 女性は・・・
    • 結婚への意欲: 0.3ポイント減少
    • 第一子を欲しい年齢: 変わらず
    • 欲しい子どもの人数: 0.1人減少

この一年は、それ以前よりもずっと多く、
少子化対策の制度・サービスが打ち出されていたと思います。
それにもかかわらず、上記のような結果が出たのですね。

この男性と女性の意識の違いは、
子育ての負担感の男女差から来ているのかもしれませんね。
いろんな制度ができて、サービスが充実してきても、
女性の負担感を減らせていないとか。 ※推測です。

以下、調査結果からの引用です。

1.少子化(継続調査項目)

(1)結婚への意欲(未婚化の傾向について)
…中略…
男女別では男性89.0%(前年86.5%)、女性90.8%(前年91.1%)で、男性は前年比3.0ポイント増加したのに対して女性は前年比0.3ポイント減少した。
…中略…
全体として、男性の結婚意欲は向上したのに対して女性の結婚意欲は低下した。

(3)第一子が欲しい年齢(晩産化の傾向について)
 独身者に「第一子が欲しい年齢」を聞いた。回答は全体の平均で32.4歳(前年32.6歳)、男性33.2歳(前年33.7歳)、女性31.3歳(前年31.3歳)であった。前年と比べて、男性は0.5歳若くなっているのに対して女性は同年齢であった。

(4)欲しい子どもの人数(出生力の傾向について)
「欲しい子どもの人数」は独身者全体の平均で2.2人(前年2.1人)、男性2.2人(前年2.1人)、女性2.1人(前年2.2人)であった。男性は前年比で0.1人増加したのに対して女性は0.1人減少した。
…中略…
「3人欲しい」と答えた独身者は、男性26.0%(前年17.5%)、女性19.4%(前年27.9%)であった。こちらも男性が大幅に増えたのに対して女性は大幅に減っている。

引用元: 明治安田生活福祉研究所  第2回結婚・出産アンケート調査結果

調査時期: 2006年02月
調査地域: 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
調査対象: 20-39歳の男女 独身者および既婚者
回答数: 759人

« ベビーサイン体験イベント | トップページ | 「BIZ-mom」第2号は“使える特集” »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10027760

この記事へのトラックバック一覧です: 男女差あり、「結婚・出産アンケート調査結果」:

« ベビーサイン体験イベント | トップページ | 「BIZ-mom」第2号は“使える特集” »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談