« 少子化対策に雇用保険活用を検討 | トップページ | 「ラブベリ」「ムシキング」絶好調 »

2006年5月16日

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターシリーズ第六巻

明日5月17日発売です。

アマゾンからのメールによれば、
本日発送済みとのこと。
我が家には明日届く予定。
楽しみです!

4915512576

☆人気blogランキングへ☆

前作・第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、
シリーズの中では一番面白く読めました。
特に、魔法のぶつかり合いのシーンがドキドキ。
あの悲しい別れには、胸がぎゅっと痛みました。
最後のダンブルドア校長の語りも重くって、
ああ、第1巻からの物語は、ここに繋がっていたんだなぁと、
伏線だった部分を思い返したものです。

さて、明日発売になるのは第6作目です。
ハリーは16歳になります。
ハーマイオニーが言うように、
ハリーには他の人にはまねできない勇気とか
そういったものがありますよね。

読み聞かせにもいい、ということなので、
試してみたお父さん、お母さんも多いのでは?

息子が持ち帰ってくる、小学校の「図書館だより」によれば、
ハリー・ポッターシリーズは、
貸出回数の上位にいつもランクインしています。
やっぱり、人気があるみたい。

子どもたちにも、ハリーの勇気と不屈の精神を
学んでほしいなと思っています。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版
J.K.ローリング著 ダニエル・ラドクリフ

ハリー・ポッターシリーズの第4作。 

我が家では、4月に購入したばかりの第4作
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のDVDを、
ゴールデン・ウィーク中に2回観ました。

その結果、息子と私は、
ビクトール・クラムの大ファンになりました!
私はハーマイオニーになりたい!

ダームストラング校が大広間に入ってくる、
少林寺ライクなシーンに、
私たち親子は引き付けられてしまったのでした。

もとあれ、最新刊が待ち遠しいwindyです(^^)

« 少子化対策に雇用保険活用を検討 | トップページ | 「ラブベリ」「ムシキング」絶好調 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10101827

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」:

» てん:谷川俊太郎訳 [赤ちゃんとの旅行@情報局]
この絵本だけは何度読んでも泣けてしまいます。 [続きを読む]

» ハリーポッターと謎のプリンス [中里のひとり言]
ハリーポッターの第6巻「ハリーポッターと謎のプリンス」(当初は混血のプリンスという予定だったようで)が5/17出ました。 全7巻とのことです。 第4巻で復活したヴォルデモートが5巻では力を出してきました。 早速出張の帰りに買って持ち帰りました。 「ただいま。」 (娘)「おみやげは?」 「ないけど、その代わりハリーポッター買ってきたよ。」 「もう買ってあるよ。」・・・・・「バ~カ」・・・・・!!! 5位~10位は接戦ですね。是非ご協力お願いします。 人... [続きを読む]

« 少子化対策に雇用保険活用を検討 | トップページ | 「ラブベリ」「ムシキング」絶好調 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談