« 妊婦初期をアピール「初たまストラップ」 | トップページ | 映画「ニュー・ワールド」を香りと一緒に楽しむ »

2006年4月22日

「人生の岐路」でネットの役割増大

アメリカのネット利用動向調査結果によれば、
人生の分岐点で、決断を下すための情報源として、
インターネットが大きな役割を果たすように
なってきているとのことです。

これ、思い当たる方も多いのでは?

☆今日のランキングは?

 転職、進学、投資といった人生の岐路となる決断を下す上で、インターネットが重大な役割を果たすようになっている――。Pew Internet and American Life Projectが4月19日発表した米国のネット利用動向調査で、こんな傾向が明らかになった。
…中略…
 今回の調査結果を2002年1月の結果と比較すると、ネットの果たす役割は軒並み急増している。最も伸びが大きかったのは、ほかの誰かの闘病を手助けする上でインターネットが大きな役割を果たしたという回答で、54%増加。自分の闘病の手助けも40%増加した。
 このほかにネットの役割が大きく拡大したのは、自分のキャリアのための研さん追求(50%増)、多額の投資や資産関連の決断(45%増)、転居先探し(43%増)、自分や子供のための進学先決定(42%増)、自動車購入(23%増)、転職(14%増)となっている。
引用元: ITmedia News:「人生の岐路」でネットの役割増大――米調査.

身近な誰かが病気になってしまった時。
自分が病気になってしまった時。
メッチャクチャ、怖いし、不安だし、心配だし。

誰も自分の気持ちを十分には理解してくれないと感じたり。
相談に乗ってほしいと思っても、
相談するには深刻すぎて、友達には相談できなかったり。

そんなとき。

Q&Aサイト、役立ちます。
有識者、経験者、一般人など、
様々な方が回答してくださいます。
いい回答がほしいのなら、いい質問をすることがポイント!
5W1Hの必要なことが書かれているか、具体的かなどが
質問文のチェックポイントです。

闘病記、体験談、役立ちます。
涙しながら読んだことも。
リアルすぎて、読むのやめてしまったことも。

ネットは、病院探しにも、役に立ちます。
願わくは、24時間、相談に乗ってくれて、
病気の家族を持つ人のココロの支えになってくれるような
ホットラインがあればいいな。
※最近はあるのかも。調査未ですみません(^^;
  見つけたら、このブログで紹介しますのでお許しを。

ネットでそれらしき病院を探して、
一軒一軒、電話する。
これをかなりやったことがあります。

なぜかって?

身近な人が入院した時、
精密検査ができる病院に転院する必要がありました。
その病院の決まりで、転院先の紹介は1箇所だけ。
その大学病院のベッドの空きがなかったので、
他の病院を、自力で、探す必要があったのです。。。

入院している病院からは
「転院先の病院のベッドは空きましたか?」
と毎日問い合わせが来るし。

紹介してもらった転院先の大学病院に問い合わせると
「待っている人が○○人います。
 そんなに簡単には空きません!」
と冷たく怒られるし。
それでも問い合わせるしかなかったのです(;_;)

他に頼る人はいないのです。
頼れるかもと期待していた方々は、
「windyさんがいれば大丈夫ね」ってことで、
病人の顔を見たら、帰ってしまったので。。。
だから、私がするしかないわけで。

普段、お世話になったことがないような診察科の名前。
なじみのない精密検査の名前。
それを書いた紙を片手に、
ネットで調べた病院リスト、
片っ端から、電話しまくりました。

横で見ていた息子(当時は保育園児)も辛かったはず。
その気持ちを察してあげながらも、
息子に気持ちをかけてあげられなかった。
これが一番辛かったかも(;_;)
ごめんねって、今ダメなの、って息子を抱きしめた。
だって、病院には死ぬかもしれない人が、
転院先を私が探すのを待っているんだから。
(病人から期待されていると思っていた。)

私が今まで子育てしてきて、
一番大変だったのはこのときだったかも。

ありがたかったのは、
どの病院の方も、親切に応対してくださったことです。
温かさに助けられました。ありがとうございました。

親切に応対してくださった病院の方に、
「○○○○○という精密検査をしてくれるかどうかは、
 病院に一軒一軒電話して確認するしか方法がないのか」
質問してみました。
「残念ながら、
 そういったサービスは自治体も医師会もやっていなくて、
 患者さんやご家族が自分で探すしかないんです」
との回答でした。

あれから5,6年が経っていますし、
あの当時にはなかったような
ネット上のサービスも登場してきています。
だから、今は、あの当時ほどは、苦労しないかも。

私にとって、インターネットは情報の箱。
何といっても24時間いつでも調べることができるので、
便利です。

長々と書きましたが、人生の大切なポイントで、
ネットは役立っていると思います。
これを伝えたかった(^^;
愚痴りたかったのではなく。。。

ちなみに、あの時、入院していた身近な人も、
今は何事もなかったかのように元気です!
影で支えてくださった保育園の先生、会社の上司、
実家のみんなに感謝しています!

私よりも、もっともっと辛い状況で、
頑張っていらっしゃる人がたくさんいることを、
私は知っています。
だから、私の体験なんて、ちっちゃなこと。
いい経験として糧にしたいです。

ブログやWebサイトから情報発信する一人として、
ちょっぴり皆様のお役に立てるといいな、
いつもそう思っています(^^)

以上です。

« 妊婦初期をアピール「初たまストラップ」 | トップページ | 映画「ニュー・ワールド」を香りと一緒に楽しむ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/9705959

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の岐路」でネットの役割増大:

« 妊婦初期をアピール「初たまストラップ」 | トップページ | 映画「ニュー・ワールド」を香りと一緒に楽しむ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談