« 実用性のある親と子の情報誌「AERA with Kids Vol.1」発売! | トップページ | すぐ使える文章の技術(ITpro) »

2006年3月17日

「言ってはいけない」子供へのひと言とは?

All Aboutの「子育て事情」ガイドサイトに、
『「言ってはいけない」子供へのひと言とは?』
という記事がアップされています。

「子供自身の存在を否定するような言葉」
「子供同士を比較するような言葉」
がタブーであることはよく言われています。

この他に、気を付けなければならないこととして、
「褒めないことの影響」があるそうです。

どういうことかというと。

☆今日のランキングは?

ガイドの河合さんによれば、
たとえば、姉と妹がいる場所で、姉だけを褒めると、
妹はけなされたと感じる、ということがあるそうです。

なるほど、それはあるかも。
注意しなくては、と気持ちを新たにしました。

『「言ってはいけない」子供へのひと言とは?』
のガイド記事の最後には、
親として意識すべきポイントがまとめられています。
引用して、紹介します。

親は何を意識して子供に話しかけるべきか?

  • こどもは、「親が思っている自分像」をそのまま「自分像」として受け止めます
  • いくら頭にきても子どもの存在を否定するようなことを言わない
  • 兄弟や友達と比べるのは、仲を悪くする元凶。親は自分のことが嫌いなんだと思ってしまうため、自分に自信を失ってしまいます
  • ひどいことを言いそうなときには、「完璧なママ」を目指していないか考えてみて
  • そんなとき、必ずまわりにサポートを求めること。「子どもへの攻撃とママの孤独は裏表」
  • ほめているつもりで、「褒められない子」を作らない
  • ほめるときは、その子一人だけ、または耳打ちにするように配慮する

「親の責任」と肩に力を入れて考えてしまっては、子育ては大変なものになってしまいます。

考えすぎず、「子供は敏感なのだ」とかつての自分の子供時代を思い出しながら、「自分が言われたらいやな事は言わない」「自分が言われたらうれしいことで、声をかけてあげる」を原則にする程度でも、十分な心がけかもしれません。
引用元: 「言ってはいけない」子供へのひと言とは? - [子育て事情]All About

4751104225
パパ、ママぼくを巻き込まないで!
―子育てに失敗する夫婦の35の愛憎ゲーム

ジョエル・D. ブロック スーザン・S. バーテル Joel D. Block
旭屋出版 2004-01

« 実用性のある親と子の情報誌「AERA with Kids Vol.1」発売! | トップページ | すぐ使える文章の技術(ITpro) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/9126641

この記事へのトラックバック一覧です: 「言ってはいけない」子供へのひと言とは?:

« 実用性のある親と子の情報誌「AERA with Kids Vol.1」発売! | トップページ | すぐ使える文章の技術(ITpro) »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談