« はじめての傘 | トップページ | 「相田みつをギャラリー」でホッと一息 »

2006年3月 2日

雛人形で遊んでいます

P2280463s雛人形は、昔は遊び道具の一つだったそうですね。ですから、お雛様は飾るだけでなく、実際に手にとって遊んでいいのだそうです。

娘の3回目のひな祭りを前に、我が家にはお雛様がやってきました。

「お雛様に触っていいのよ。優しくしてあげてね」と娘に声をかけてあげると、娘は、恐る恐る手を伸ばして、お雛様を手にとっていました。

P2280466s

しばらくすると、お雛様とお内裏様という特別なおもちゃにも慣れた模様。ふと見ると、ソファーの上にお二人が!娘に質問してみました。

私: 「お雛様とお内裏様、
    どこに行っちゃったのかな?」
娘: 「おひっこし!」

そーっと、そーっと、お雛様を運んでいる様子を、
とてもほほえましく思い、見守りました。

なぜ、初節句のときに、お雛様を用意しなかったのかというと。

言い訳になってしまうのですが、
娘の初節句のときは、
娘が細気管支炎をした後だったということもあり、
お雛様を買うという気持ちの余裕がなかったんです。
初節句のときは、
お内裏様とお雛様が乗ったケーキとちらし寿司でお祝いをしました。

細気管支炎は、治るのに3週間くらいかかりました。
娘だけでなく私にとってもしんどい出来事でした。

そんなこともありましたが、今となっては昔のこと。

お雛様を揃えてあげるのがちょっと遅くなってしまったけれど、
自分のお雛様に、愛着を持ってくれますように。

関連サイトへのリンク:
 秀光人形工房

« はじめての傘 | トップページ | 「相田みつをギャラリー」でホッと一息 »

コメント

ウチも先週の日曜日にお雛様を出しました。2人の娘が飾り付けを手伝ってくれましたが、触らせたのはそこまで、後はじっと見るだけって言い聞かせてあります。

母の形見なんですよね。でも大人気なかったかな?

お母様の形見のお雛様、お嬢さんたちも大切さを分かってくれたのでは?
うちの娘は、自分のお雛様がうれしかったみたいです。無理もないですよね。おとといの日は、お内裏様のシャクが行方不明になってしまい、家族全員で、わずか数センチのシャクを探しました。おじゃる丸の閻魔様か子鬼たちの気分でした(^^;
お雛様を購入してから数日が経ち、やっとおとなしく見ていてくれるようになりましたよ。愛着をもち続けてくれるといいなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/8888538

この記事へのトラックバック一覧です: 雛人形で遊んでいます:

« はじめての傘 | トップページ | 「相田みつをギャラリー」でホッと一息 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談