« ジュロワ選手、ママで金メダル達成! | トップページ | 日産自動車、職場に差別意識がないことが重要 »

2006年2月16日

企業の育児支援、「共働き型」加速

「共働き型」という支援はありがたいです。
自分でもできる努力はもちろんするけれど、
「育児と仕事を両立できる環境作り」に
会社が取り組んでくれることは、助かります。

 超少子化時代の到来で、企業が子育て支援に向けて労働時間の短縮を広げるなど踏み込んだ対策に動き出した。育児や子供の送り迎えなどのために勤務を短縮したり、在宅勤務を拡大したりするほか、扶養手当を思い切って子供重視に切り替えるといったものだ。夫は年功序列のフルタイム労働、妻は専業主婦というライフスタイルを前提にした雇用制度から、育児と仕事を両立できる環境作りで優秀な人材を確保する方向へと軌道修正が加速している。
引用元: asahi.com:企業の育児支援、「共働き型」加速.

大手企業の取り組みを、引用元記事をもとに書き出してみました。
日産自動車の取り組みは、先日別のニュース記事でも紹介されていました。下記3社の支援策の中では、特にいいなと思いました。みんさんはいかがでしょうか。

  • 日産自動車
    • 短時間勤務できる期間を小学3年生終了時まで延長。
    • 産前休暇を妊娠初期から取得可能に。
    • 年10日の育児休暇を、学校行事でも取得可能に。
  • 松下電器
    • 育児休業期間中も、
      1日2〜3時間だけ会社に出て仕事をすれば、
      残りの4時間ほどを在宅勤務可能。
    • 子どもの年齢にかかわらず、
      1日の労働時間を自由に設定できる短時間勤務制度。
  • 東芝
    • 配偶者への扶養手当を廃止。
    • 子どもへの手当てを最大6倍に。
    • 最大3年まで取れる育児休業。

« ジュロワ選手、ママで金メダル達成! | トップページ | 日産自動車、職場に差別意識がないことが重要 »

コメント

さすが、大手はすばらしい制度ばかり。この中にある会社に通うお父さんが、保育園の同級生にもいらっしゃるのですが、お母さんと育児を分担していて、うらやましい限りです。
私は個人的には日産の「小学校3年生までの短時間勤務」と「産前休業を初期から」「学校行事にも使える育児休暇(10日もあるなんて。。。うらやましい)」がいいなとおもいます。
また、東芝の「配偶者扶養手当を撤廃し、子供の手当てを増やす」動きは、主人の会社でも導入されています。独身も、この扶養手当制度なら、次世代を担う子供を対象にしているから、納得してくれるでしょうね。これからは「妻は扶養をもらうより働けよ」ってことなんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/8679657

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の育児支援、「共働き型」加速:

» 企業の育児支援 [働くペンギン]
2月26日の日経新聞1面や、2月24日、日経新聞にあるように、企業の育児支援制度 [続きを読む]

« ジュロワ選手、ママで金メダル達成! | トップページ | 日産自動車、職場に差別意識がないことが重要 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談