« すべては小さなこと | トップページ | 分刻みの夕方、時間外の急な打合せ »

2006年2月13日

幼児の生活アンケート・東アジア5都市調査

20060213 「幼児の生活アンケート ・東アジア5都市調査(速報版)」が、Benesse教育研究開発センターのWebサイトから、2月7日に公開されました。

「幼児の生活アンケート」は、2005年3月に、日本国内だけでなく、ソウル・北京・上海・台北でも、実施されたのだそうです。
その結果をまとめたのが、昨年10月に発表された「第3回幼児の生活アンケート・国内調査」と、今回発表された「幼児の生活アンケート・東アジア5都市調査」なのだそうです。

今回の「幼児の生活アンケート・東アジア5都市調査」のポイント、気づいたこと、感じたことなどを以下で紹介します。
ほとんど、私のメモのようになってしまいました。ご容赦を(^^;
詳細については、ベネッセのWebサイト掲載資料をご覧くださいね。
※この記事の最後に、関連情報へのリンクを紹介しています。

私が一番印象に残ったのは、「子どもの将来に対する期待」の東京の調査結果です。「家族を大切にする人」「友人を大切にする人」「他人に迷惑をかけない人」という人間関係に関する期待が、他の都市よりも高いという結果でした。たしかに、そういうふうに育ってほしいなと思います。

母親の就業状態(P.4)

北京、上海、台北のフルタイム勤務の割合の高さは驚きです。
ちなみに日本のフルタイム勤務の割合は7.9%だったそうです。
 東 京: 専業主婦(68.0%)、パートタイム(13.9%)
 ソウル: 専業主婦(50.8%)、フルタイム(24.8%)
 北 京: フルタイム(76.3%)、フリー・在宅(9.4%)
 上 海: フルタイム(68.7%)、フリー・在宅(12.1%)
 台 北: フルタイム(63.0%)、専業主婦(23.0%)

■父親の帰宅時刻(P.16)
■父親の家事や育児への参加状況(P.17)

  • 東京は、他都市に比べてお父さんの帰宅時刻が遅いようです。
    約半数のお父さん方は、21〜23時に帰宅するという結果が!
    このためか、以下のことを出来ないお父さんが多いようです。
    「子どもと一緒に室内で遊ぶ」(26.8%
    「子どもと一緒に外で遊ぶ」(1.7%
  • 乳幼児の父親についての調査結果」にもありましたが、子どもと遊びたくても…というお父さんたちが多いのかも。残業を減らせるといいのでしょうけれど。

■幼稚園・保育園にいる時間(P.8)

  • 北京では、多くの幼児園が3食付きなのだそうです。これが在園時間の長さにつながっているようです。
  • 台北では、幼稚園児も在園時間が長く、保育園との差は23分しかないらしいです。これは、「どんな機関に通っている幼児に対しても質の高い教育を提供すべきである」という考えに根付いているらしく、いわゆる「幼保一元化」の動きがあるからだそうです。

■習い事(P.10)

  • 「英会話などの語学の教室」は、いずれの都市も上位にランキング。
  • 上海・北京・台北では「絵画教室」の割合が一番高く、上海49.6%、北京29.3%、台北24.5%だそうです。この割合、日本では想像できないですよね(^^;
  • 今回香港は調査対象になっていませんが、もしかしたら香港も同じ傾向があったりして(←私の想像です)。で、チューヤン(香港出身)が絵が上手だったのは、絵画教室に通っていたからかもと勝手に想像してしまいました(^^;

■母親の意識(P.12)
■子どもの進学に対する期待(P.14)

  • 北京・上海の7割以上の母親は、「世間で名の通った大学に行ってほしい」と考えているそうです。大学院まで卒業してほしいと考えている母親は、北京71.5%、上海56.3%にも及んでいます。これ、なぜなんでしょうね。
  • ソウルでは、「わがままを言ったら厳しくしかりつけるのがよい」と考えている母親が、68.1%ととても多くなっています。他の都市では、「分かるまで優しく言い聞かせるのがよい」と考えている母親が多いので、ソウルの結果はとても特徴があります。
  • 東京は大学までは卒業してほしいと考えている母親が多いようです。他の都市と比較して分かったのは、大学進学に関する男女差が著しいのは東京だけということです。男子79.0%、女子53.4%というこの差は、主に女子にだけ、短大という進路があるからだと思います。
    父親の最終学歴(P.5)を見てみるとわかるのですが、東京以外の都市では、短大卒のお父さんが12.6%〜27.9%もいるんです。東京は1.4%だけ。男子の進路として短大が考えにくいことが、男女差の原因になっているように思いました。

■子どもの将来に対する期待(P.13)

「自分の家族を大切にする人」の割合は、どの都市でも高い割合でした。
東京と、それ以外の都市とで違いが見られたのは、以下の点です。興味深いです。

  • 東京では、人との付き合いに関する以下の期待が高い。
    「友人を大切にする人」「他人に迷惑をかけない人」
  • ソウルでは「リーダーシップがある人」が上位。
  • 北京・上海・台北は「仕事で能力を発揮する人」が上位。

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« すべては小さなこと | トップページ | 分刻みの夕方、時間外の急な打合せ »

コメント

こんにちは!

同じ話題を取り上げて、私的観点から記事にしたものがありましたので、
TBさせていただきました。
今朝の「おはよう日本」でも、このアンケート結果について、取り上げられていました。

「日本人だから…」と言わず、この結果を見て、
はっとしてくれる男性が多いといいなぁと思います。

はじめまして、miyukiです。
これから出産、育児を控えている私にとっては有益な内容で参考になりました。
親の姿勢で子供はいかようにでも変わってしまうと昨日行ったマタニティ講演会で言っていました。
男性も育児に参加したいと考えている人は少なくないと思いますが、会社の状況を考えるとそう簡単ではなさそうですね。

umisora_earthさん>
コメントありがとうございます。今朝の「おはよう日本」は、私も見ました。ニュースの中では『「子どもと一緒に室内で遊ぶ」は27%』とだけ紹介されていたので、『「子どもと一緒に外で遊ぶ」は1.7%』の方も言ってほしいなぁと思いました。
調査結果を見て、子育て中の父親・母親の状況を分かってもらえるといいですよね(^^)

miyukiさん>
はじめまして。コメントありがとうございました。私が妊娠中に参加した母親学級は、土曜日開催でした。できるだけお父さんにも参加してほしいからという病院側の配慮でした。夫婦で参加している人たちがほとんど。お父さんたちに具体的に何をどうしてほしいのかを、助産婦さんから直接聞けたことは、お父さん方にとってプラスだったのではないかと、コメントを読んで昔を思い出しました。
よりよい社会になっていくといいなと思うので、今回のようなアンケート結果は、多くの人に知ってもらえるといいなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/8572637

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の生活アンケート・東アジア5都市調査:

» 東アジア5都市の『幼児の生活アンケート』 [MAMA @ WORK]
ベネッセ教育研究開発センターで、面白い調査報告が出ましたね。 Yahooのニュースで見つけ、アクセスしてみました。 こちらです。  ↓↓ 『幼児の生活アンケート・東アジア5都市調査』 私には、中国人の同僚が2人います。 1人は女性、1人は男性。 2人とも子...... [続きを読む]

« すべては小さなこと | トップページ | 分刻みの夕方、時間外の急な打合せ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談