« 初めてもらったメダル | トップページ | 眠り相談ソフト »

2006年1月28日

ドキュメントで試されるSEの姿勢

ドキュメントは、もちろん中身で勝負ですが、見た目も結構大切。凝ったデザインにする必要はないけれど、読者に読みやすいと感じてもらえることが重要です。ドキュメントを通して、読み手とコミュニケーションを図るのだから、まず、読み手に読む気持ちになってもらわなくては。加えて、そのドキュメントの中に信頼をなくすような部分があっては良くない。

...などと考えていたら、ちょうどそんな感じの記事を見つけたので、引用しておきます。

ドキュメントには「姿勢」が表れると思います。信頼を得られるようなドキュメントを作っていけるように、これからも頑張っていきたいと思います。

ドキュメントの修正量から分かる仕事への姿勢
…中略…でも先輩の言う通り,ドキュメントの書き方をないがしろにするSEは,様々なところでミスを起こすと感じました。
 飲み会の帰り道,先輩は私たちにこう言いました。「…中略…,お客さまの立場だったらどうだい。何度も修正させなきゃ分からない会社には発注したくなくなると思うよ」。この言葉は私の心にグサっと突き刺さりました。反省です。

たかが体裁,されど体裁
 ドキュメントは,見た目の美しさにも気を配ることが大切です。お客さまがドキュメントをぱっと見たときに「読みやすい」と感じるかどうか。せっかく素晴らしい設計をしてドキュメントを作成したにもかかわらず,見栄えがよくなければ,「時間をかけて読もうと思わない」というのがお客さまの本音です。果ては「設計さえも良いと感じることができない」と思われてしまうこともあります。
…中略…
 普段は開発の忙しさに追われて,ドキュメント作成に関して「まぁ,これくらいでいいかな」という気持ちになりがちです。でもこれからは,お客さまから「読みやすくていいね」と言われるぐらいのドキュメントを作成していきたい。それがきっと信頼感につながっていくと思うのです。
引用元: 第33回 ドキュメントで試されるSEの姿勢:IT Pro.

« 初めてもらったメダル | トップページ | 眠り相談ソフト »

コメント

ドキュメントの件、まさにその通りですね。
私も中身と体裁の両方に気を使って書くよう心がけてます。

今は、部下の作成したドキュメントのチェックをする立場でもありますが、中身も体裁もいまひとつなのが多くて・・・。

読み手のスキルも考えずに専門用語を並べ立てた報告書とか見ると、がっくりって感じです(^^;

むっちーさん、コメントありがとうございます。
たとえ時間がなかったとしても、最低限のチェックをするのが当然だと考えています。そんなところを頑張っても仕方ない!無意味だ!とか言われつづけると、さすがに疲れちゃいます(^^; で、私がチェックしちゃおうかしらと。本当はチェックする習慣を一人一人に身に付けてほしいんですが、かなり時間がかかりそうなので。(私の進め方が悪いんだろうなぁ、きっと^^;反省、反省)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/8382837

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメントで試されるSEの姿勢:

« 初めてもらったメダル | トップページ | 眠り相談ソフト »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談