« 不審電話、小学生宅に相次ぐ | トップページ | 「鏡の法則」、幸せになるための気づき »

2006年1月26日

「休もう運動」の指針、厚生労働省から

休日の取得を促進するように、厚生労働省から指針が出されるようです。経団連や連合も、既に協力することにしているのだとか。

 単身赴任者は妻子の誕生日には休みを―。厚生労働省が近くまとめる労働時間設定改善法の指針案で、会社が家族の記念日に休みを付与することを提案する。ほかにも二週間程度の長期連続休暇や出産時に父親の休暇制度の整備も推奨しており「休もう運動」の指針となっている。

指針案が出されるのが、ちょっと楽しみです。
長期連続休暇、1年に1回はほしいです!

 背景には長時間労働や、近年増加する過労死、メンタルヘルス(心の健康)問題がある。同時に少子化対策や介護問題で、働き過ぎのサラリーマンを家庭や地域社会に戻すことも目的としている。
 指針案はこのほか、有給休暇取得の計画表作りや休みを取りやすくするよう「ノー残業デー」「ノー残業ウイーク」の導入、残業の削減を提案。休日労働を避けたり、地域活動やボランティア活動に休暇を付与したりすることも挙げた。

地域とのつながりを持ちたくても、そういう時間をとれないくらいの忙しさだったりするので、その点も考慮していただけるのはうれしいかも。

引用元: Sankei Web 社会 「妻子の誕生日は休もう」 働き過ぎ、子育て対策に(01/26 08:42).

« 不審電話、小学生宅に相次ぐ | トップページ | 「鏡の法則」、幸せになるための気づき »

コメント

私の読んだ記事には、「ノー残業ディ」「ノー残業ウィーク」についてはかかれていなかたので、そういうことなら大歓迎!ということで。
まずは、残業から減らしていって欲しい!!とにかく記念日休暇もいいけど、急な子供の発熱や奥さんの病気の休暇を、とれるような状況に、政府も企業もして欲しいとおもいます。
いちおう、TBしておきます。

以前いた会社でノー残業デーというのをやっていましたが、仕事量が減るわけではないので、結局皆お持ち帰りの仕事をしてました。
水曜日のノー残デーは、ノートパソコンを持って帰るので、重くてかえって憂鬱なんて人も。
形式だけではなく、本当に「休める」対策が欲しいものですね。

コメントありがとうございます。残業しないと間に合わない状態なのにもかかわらず、今日はお迎え当番。定時退社しなければならなかったwindyです。。。自分の仕事の進め方を反省しつつ(^^;
会社を出る直前に出したメール、ウィルスメールと勘違いされたらしく、自分のPCのウィルス対策ソフトにブロックされて、消えてしまいました。。。夕方の休憩時間使って書いたのに、悲しすぎる(T_T)

ちゃいさん>
ノー残業デーが毎日だったらうれしいです。毎日子どもたちと夕食食べれるだろうから。「子どもたちは寝ました」なんてメール、旦那様からもらうのは寂しすぎるので。

ぴまさん>
本当に「休める」対策、大賛成です!それ、欲しいです。働くママでなかったとしても、やっぱり欲しいと思います。

この話、妹(今里帰り中)としてました。
妹は「うちはムリムリ」とため息・・・。義弟は飲食業なので、本当に休めないみたいですね。
業種は限られてくると思います。

そういえば、夫の会社も「ノー残業デー」があるんですがぁぁ。夫は以前の出向先の仕事を、管理職になった現在も抱えていて、その出向先がぜんっぜんそういう体制じゃないみたいなんです。多分その会社に問題があると思うんだけど、振り回されるのが別の会社の夫(とその部下たち)ってのがねぇ。。。
帰宅中に呼び出されたりってのはイヤみたいですよ。

おそなえ餅1号さん、コメントありがとうございます。たしかに、業種は限られそうですね。
せっかくの「ノー残業デー」が無駄になってしまうのは悲しいですね。仕組みだけでなく、運用もがんばってくれるといいのに、ってよく思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/8352502

この記事へのトラックバック一覧です: 「休もう運動」の指針、厚生労働省から:

» 「妻の誕生日には休もう」 [働くペンギン]
こんな記事を見つけました。 「妻の誕生日には休もう」 (←クリックしてください。 [続きを読む]

« 不審電話、小学生宅に相次ぐ | トップページ | 「鏡の法則」、幸せになるための気づき »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談