« in the twilight | トップページ | 父親の子育て、雷おやじほど尊敬される?! »

2005年12月 6日

児童手当、小学6年生まで拡大に

児童手当の対象が、小学6年生まで広げられることになりそうです。

 自民、公明両党は5日午前、国会内で幹事長、政調会長の会談を開き、児童手当の支給対象を現行の小学3年生までから小学6年生までに拡大、2006年度予算から関係予算を盛り込む方向で大筋合意した。
…中略…
 児童手当の拡充は、公明党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げ、06年度予算編成の「最優先課題」として掲げてきた。防衛庁の「省」昇格法案を了承するのと引き換えで、双方が実現する見通しとなった。
 自公両党は、児童手当の支給対象の所得制限を1000万円に緩和することなど具体的な措置については、財源問題を含めて引き続き協議する。
引用元: Sankei Web 政治 児童手当を小6まで拡大 与党大筋合意、来年度から(12/05 15:02) .

党ごとのマニフェストに関する過去記事はこちら。

頂けるものはありがたく頂戴していますが、ちょっと考えてみると不満なこともあります。我が家が過去に直面した不満の一つ、それは所得制限に引っかかったことです。通勤費は所得から差し引いてほしかったなぁ。その当時、旦那様は新幹線を使っての遠距離通勤をしていたため、高額通勤費が毎月支給されていたのでした。児童手当を申請したところ、ちょっぴりオーバーしてしまい児童手当の申請は却下。
他のコトと考え合わせても、遠距離通勤はやっぱりよくないなと思った出来事でした(^^; ちなみに、新幹線通勤でなくなってからは、児童手当の申請は通っています。

« in the twilight | トップページ | 父親の子育て、雷おやじほど尊敬される?! »

コメント

児童手当、以前の延長の際に恩恵にあずかりました。

しかし、夫の年齢と勤続年数と所得を考えるとなかなかびみょ~な心境でもあります。(わたしの仕事は稼げないものなので、所得制限には実はあんまり影響しない)
お金さえばらまけば、っていうニオイもあるので、なんかフクザツですね~。今、下の子の手当てもらってますが、振込みなのでいつの間にか入ってたって感じだし。

おそなえ餅1号さん、コメントありがとうございます。
児童手当、振り込まれるのは旦那様の口座なので、私はあまり実感なかったりします。
うちの上の子も、小学校3年生までの延長のときに、特例給付を頂いていました。言いたいこともあるけれど、頂けるモノは頂きたいな、なんて(^^;

このブログの関連記事: “職権により”って何?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童手当、小学6年生まで拡大に:

« in the twilight | トップページ | 父親の子育て、雷おやじほど尊敬される?! »

最近の本棚

  • : Good Luck

    Good Luck
    再読。1日分を読み終えるたびに、自分を省み気持ちを新たにさせられる本だと思う。

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

Welcome!

Links