« がくどうまつり(船橋市) | トップページ | 少子化対策「生活塾」、夜間も地域で子どもを預かります?! »

2005年10月25日

教育動作法とは?「心の問題は動作の問題として表れる」

「教育動作法」に関する記事を見つけました。引用記事に「心の問題は動作の問題として表れる」と書かれていましたが、たしかにそうかも。どちらか一方が不調だと、もう一方も不調になってしまうって、別のどこかで聴いたことがあります。

教育動作法とは何か?ということよりも、「心の問題は動作の問題として表れる」という一言の方がずっと、印象に残りました。

「自分の思い通りにならないと怒る」「みんなが遊んでいる中に入れない」といった子どもが抱える心の問題を、心理教育の一つ「教育動作法」でどれだけ改善できるか――。そんな調査を、県と秋田大学が共同で進めている。今月発表された中間報告では一定の成果も示され、今後、就学前教育の一環として導入が広がる可能性がある。
…中略…
教育動作法
「心の問題は動作の問題として表れる」という考え方に基づく心理教育の一種。動作の問題を改善することで、それに付随する心が安定したり積極的になったりすることを目指す。
引用元: asahi.com : マイタウン秋田 : 幼児の心「動作」で安定.

« がくどうまつり(船橋市) | トップページ | 少子化対策「生活塾」、夜間も地域で子どもを預かります?! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育動作法とは?「心の問題は動作の問題として表れる」:

« がくどうまつり(船橋市) | トップページ | 少子化対策「生活塾」、夜間も地域で子どもを預かります?! »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005