« 男性の0・9%育休取得 国家公務員、百人突破 | トップページ | 「お兄ちゃん、まだかなぁ」 »

2005年9月 3日

日本興亜が子育て支援策、転勤免除や最大66万円の手当

息子は、二回、ならし保育をしました。一回目は静岡県で。二回目は千葉県で。ならし保育は、一人の子どもに対して一回すればいいのではなく、転園するたびに、その保育園に慣れるために必要なものだと、引越しして、はじめて知りました。

主人の所属していた部署が、部署ごと異動になったのは10月。そのとき息子は1歳でした。引越し先には保育園の空きがないため、会社の総務部門と交渉して、3月まで引越しを延期していただき、1年間は同じ保育園に通うことができました。

引用記事にある、日本興亜損害保険さんの支援策のように、転勤を免除していただけると、ならし保育の手間だけでなく、子どものストレスも軽減されるんじゃないかと思いました。

日本興亜が子育て支援策、転勤免除や最大66万円の手当
 子供が小さいうちは転勤しません――。日本興亜損害保険は2日、社員向けの子育て支援策を拡充すると発表した。子供が就学年齢になるまで転居を伴う転勤を免除するほか、保育所などを利用する場合に2年間で最大66万円の手当を出す。育児を理由に転勤を免除するのは金融界では珍しいという。
 社員の配偶者が転勤になった場合に、それに付いていくために本人も転勤できる「配偶者同行制度」や、出産などで退職した社員に3年以内の再雇用を認める「Uターン制度」も導入する。10月から順次実施する。
リンク: NIKKEI NET:経済 ニュース.

« 男性の0・9%育休取得 国家公務員、百人突破 | トップページ | 「お兄ちゃん、まだかなぁ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本興亜が子育て支援策、転勤免除や最大66万円の手当:

« 男性の0・9%育休取得 国家公務員、百人突破 | トップページ | 「お兄ちゃん、まだかなぁ」 »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005