« 愛知万博:モリゾーとキッコロ | トップページ | 国民生活調査「少子化対策要望が過去最高」 »

2005年9月24日

日本の「豊かさ」は10位

OECD参加30カ国中10位というのは、あまり良くない順位のように思えました。全体でみると10位かもしれないけれど、人口1000人当たりの医師数は27位、教師一人あたりの生徒数は26位と、かなり悪い結果だったそうです。豊かじゃない気がする。。。

 社会経済生産性本部(谷口恒明理事長)は22日、「2005年版国民の豊かさの国際比較」を発表した。健康やマクロ経済など各分野を総合した日本のランキングは、経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国中10位(前年14位)だった。
 同本部は、世界銀行のデータなどを偏差値化し、計56の指標を作成。「健康」「環境」など6分野にまとめた。
 日本の順位を指標別に見ると、平均寿命はトップ、病院ベッド数が2位、乳幼児死亡率や国民の高学歴率は3位。逆に、政府累積債務や国民1人当たりの観光収入は最下位、経済成長率は29位だった。
 教育分野では、15歳の生徒の科学力は2位だったが、読解力は13位。同本部はフリーターやニートの増加傾向などを挙げ、「比較的良好だが、今後悪化する可能性がある」と指摘している。
 総合ランキングのトップはルクセンブルク、2位はノルウェー、3位スウェーデンで、上位は欧州が独占。米国は12位、ドイツは18位だった。
リンク: Yahoo!ニュース - 日本の「豊かさ」は10位=OECD30カ国を比較.  

« 愛知万博:モリゾーとキッコロ | トップページ | 国民生活調査「少子化対策要望が過去最高」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「豊かさ」は10位:

« 愛知万博:モリゾーとキッコロ | トップページ | 国民生活調査「少子化対策要望が過去最高」 »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005