« 愛知万博で少子化取組み紹介 | トップページ | セントラル硝子、女性の育児支援制度を拡充 »

2005年7月 3日

大和ハウス工業、子供1人につき100万支給

「大和ハウス工業」「子育て」というキーワードで私が思い浮かべたのは、All Aboutの「子育てのための家づくり」のガイドサイトです。このガイドサイトは今年5月にオープンしたばかりの新しいサイトで、大和ハウス工業提供で運営されています。このブログでも取り上げさせていただきました
ガイドの奥村さんのプロフィールには「親が楽になること+子どもが健やかであること=時間的、精神的なゆとり=幸せ!!!」と書かれています。大和ハウス工業の「次世代育成一時金制度」も、この「幸せ!!!」を実現するための一つの方法かなと、感じました(私の推測ですが^^;) 企業イメージって、結構大切かも。

 大和ハウス工業は1日、子供が生まれた社員に対し、子供1人につき100万円を支給する「次世代育成一時金制度」を導入したことを明らかにした。子供が多いほど住宅市場が拡大することもあり、子育て支援に力を入れていることを社内外にアピールする狙いがあるとみられる。仕事と育児の両立を目指す次世代育成支援対策推進法が4月に全面施行され、子育て支援に力を入れる企業が増えているが、これほど高額の制度は「聞いたことがない」(日本経団連)という。
リンク: YOMIURI ONLINE: 子供1人につき100万支給 大和ハウスが子育て支援で.

« 愛知万博で少子化取組み紹介 | トップページ | セントラル硝子、女性の育児支援制度を拡充 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和ハウス工業、子供1人につき100万支給:

« 愛知万博で少子化取組み紹介 | トップページ | セントラル硝子、女性の育児支援制度を拡充 »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005