« 退職者が育休の仕事カバー | トップページ | どうぶつだいすき »

2005年5月14日

胎児の性別が母親の知能に影響を及ぼす!?

性別が影響しているかもしれないなんて、興味深い調査結果だなと思いました。調査対象者が39名だったということなので、調査対象者の人数がもっと増えて、信憑性が高くなってくれるといいかも。

男児を出産した女性が、女児を出産した女性より、聞き取り分野における記憶力、計算や視覚化の技術などを評価する試験において、一貫して優れていることが明らかになったという。…中略… 研究によると、認知能力を評価する3回の試験で、男児を妊娠した女性のほうが遥かに良い成績を収めたという。
リンク: 胎児の性別が母親の知能に影響を及ぼす!? | Excite エキサイト : ニュース.

私の場合はというと。

その昔、異常なくらい、記憶力がありました。意識していないのに、要らないことを沢山覚えてしまうのが悩みだったくらい。例えば、神経衰弱は負け知らず。名簿に書かれていたこと、知らないうちに覚えちゃっているし。学生時代、私にとっては、すべての教科が暗記科目でした。

赤ちゃんとのコミュニケーションはおなかの中から始まる。そう信じている私は、妊婦だったとき、胎教ということで、おなかの中の赤ちゃんに毎日話しかけました。
「生まれてくるときには、ポーンと出てきてね。」 「悪いところは捨てて、いいところだけを持って生まれてきてね。」 「できれば、出てくるときに、お母さんの悪いところも一緒に出しちゃってくれるとうれしいな」って。

その結果。助産婦さんもうらやむほどの安産でした(他にもいろいろ努力はしたんだけどね)。比較的丈夫な、かわいい子たちに恵まれました。さて、母親の変化は?
一番変わったことは、第一子(男の子)出産後に、記憶力が低下したこと。「お母さんの悪いところ」は、記憶力が良すぎるところだったのかなぁって思うくらい、物事、覚えられなくなりました(^^; 私の経験は、引用記事にある研究結果とは違う結果になっています。

« 退職者が育休の仕事カバー | トップページ | どうぶつだいすき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胎児の性別が母親の知能に影響を及ぼす!?:

» 研究の対象者が39人では・・・ [店長の日記 - hiwadaさんの日記 - 神戸のグルメな焼き鳥 とり梅]
カナダの研究者が男の子を妊娠した母親は、女の子を妊娠した母親よりも記憶力が優れているかもしれないと発表しました。 胎児の性別が母親の知能に影響を及ぼす!? 世界びっくりニュース 研究を指導したサイモン・フレイザー大学心理学教授、ネイル・ワト...... [続きを読む]

« 退職者が育休の仕事カバー | トップページ | どうぶつだいすき »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

Welcome!

Links