« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の25件の記事

2005年4月29日

大人になったらなりたいもの

うちの息子は、サッカーのコーチになりたいとのこと。これって、サッカー選手に分類されているのかしら?それとも?

「大人になったらなりたいもの」アンケート調査結果
≪男子 この16年の変遷≫
 ● 「サッカー選手」、「野球選手」は常に男子のあこがれ。
 ● 「大工さん」「食べ物屋さん」…職人系は上位定着。
 ● 前回、初の圏外となった「警察官・刑事」は7位に復活。
≪女子 この16年の変遷≫
 ●「食べ物屋さん」「保育園・幼稚園の先生」「看護師さん」「花屋さん」…上位で安定。
 ●「学校の先生」「お医者さん」も中位置で安定。
 ●「飼育係・ペット屋さん・調教師」「美容師さん」がポイントアップ。
リンク:
第一生命>ニュースリリース.

私の場合、以下のような変遷でした。

続きを読む "大人になったらなりたいもの" »

2005年4月28日

占いは当たるもの

このblogに設置させていただいている「占いモンキーなび」は、その日の私にピッタリの一言をくれる。少なくともこの一週間、毎日、何で分かるわけ?と思ってしまうくらいだった。占いは当たるものだと信じているけれど、この占いは特に当たっている感じ。

続きを読む "占いは当たるもの" »

結わえていただきました

05-04-27_18-55 保育園で、先生に髪を結わえていただきました。かわいかったし、とてもお姉さんっぽくみえました。もうちょっと早起きして、結わえてあげようかな。先生のように、上手にはできないけれど。
お風呂に入るときに外そうとしたら、「せんせ」と言って、最初は嫌がっていました。外すのイヤだったのかも。
[写真:保育園の玄関にて]

2005年4月27日

チャイルドライン

息子が小学校から「チャイルドライン 子ども電話」と書かれたカードをもらってきた。お父さん、お母さん、先生、友達など、誰にも言えない悩みがあったら、このカードに書かれている番号に電話をかけると、相談にのってもらえるというもの。
親に相談してくれればいいから、このカード使わないかもって思ったけれど、親だからこそ言えない悩みとかも、そのうち出てくるのかもしれないし。そういうときにカード思い出して、電話して、うまく乗り越える助けになってくれるといいんだろうなと思った。
カードは放置されたまま。出番を待っている。ちょっと安心。

チャイルドライン

2005年4月26日

fair moon

pavement 自分の靴音だけ聞きながら
夜の道を歩いた

ふと顔を上げたら
月が見ていた

温かくもなく
冷たくもなく
いつもと変わらずに

明日はもっとうまくやるよ

静かに
月が見ていた

2005年4月24日

ドレミの応募期間延長

ドレミファンプレゼントの応募締め切りが10月11日に変更になっています。
もれなくもらえるコース(40点)のプレゼントをGETしたいので、延長は助かります。

2005年4月23日

越冬クワガタ

050423 我が家では、昨年の夏、山梨で採ったクワガタ[写真→]とハナムグリがまだ元気に生きています。3月末に見たときは、クワガタは3匹いましたが、今は1匹だけになってしまったようです。
一般的に、クワガタはカブトムシよりも長生きで、成虫のまま、冬を越えるものもいるらしいとは知っていましたが、本当に越冬したのを見たのは今回が初めて。
飼い主は息子なのですが、息子が飼い主サボっているときは、夜中にお父さんが餌をあげたりしています。生き物を育てることを学ぶいい機会なのだし、お世話は息子にやってもらわなくちゃとは思うのだけれど、お父さんだってクワガタ好きなのよね、きっと。(成虫だったら私も結構好き。)

2005年4月22日

男性の育休助成制度、利用ゼロで廃止

男性の方が育児休職を取ることは、やはり難しいことのようです。それにしても、制度の利用がゼロとは考えモノ。望まれていた制度ではなかったということかしら?会社への助成金が、育児休職を取得した個人に多少は還元されるような仕組みだったら、育児休職をとる男性の人が増えたかも?!

 男性社員が育児休業を取った企業に奨励金を支払う国の助成制度の利用が、2003年度の導入以来、2年間で1社もなかったことが21日、分かった。この制度は少子化対策の柱の一つとして始まったが、同年度の男性の育休取得率は0・44%と、男性の取得がまったく進んでいない実態を反映、04年度で廃止された。
男性の育休助成、利用ゼロ 2年間、04年度で廃止(Yahoo! JAPANからの引用)

2005年4月21日

お弁当給食、終わりました

05-03-24_17-40息子の通っている小学校の給食センターは、去年の9月末からずっと工事中だった。だから息子は、毎日、お弁当を持って学校に通っていた。自分のお弁当は適当に作るからいいのだけれど、息子のお弁当にはちょっと気を遣う。それも今日で終わり。ホッと一息。働くママとしては、冷凍食品を有効活用させてもらいました。一品くらいは手作りしてあげたいと思って、夜中に煮物もしちゃったり。約7ヶ月、よく頑張りました。(母親として当然のことなんだけどね。)
「明日から、給食始まるね。楽しみだね」と息子に言ったら、「つまんない」だって。「僕ね、お母さんのお弁当の方がいいなぁ」だって(^^)
明日から、自分のお弁当、一つだけを作ることになる。それがちょっと寂 しい気がした。長い休みの間は給食がないので、その期間はまた、息子のお弁当を作る。それまで、ちょっと一休み。
[写真: 3月のある日、小学校の校庭で、息子と一緒に見た夕日]

2005年4月20日

会議のある日は呼び出しが多い?

出席すべき会議のある日は、子供が体調を崩して、「迎えにきてきただけますか?」と、保育園や小学校から呼び出しの電話がかかってくることが多い。母親が緊張しているのを、子供が感じているからかもしれないって思う。

今週の月曜日、初めて出る会議があった。「資料作ったので、人数分コピーして、準備しておきます」と言った10分ほど後、小学校からの呼び出しの電話が鳴った。タイミング悪すぎ。会議には資料だけが出席することになった。(理解してくださった周囲の方々に感謝!)

続きを読む "会議のある日は呼び出しが多い?" »

「乳幼児突然死症候群(SIDS)」について

一ヶ月ほど前、元JUDY AND MARYのYUKIさんの1歳11ヶ月のお子さんが突然死したという、悲しい記事を目にした。YUKIさんのサイトにご本人からのメッセージが掲載(2005年3月17日付)されていて、それを読んだ後は、しばらくそのことばかりが頭にあった。私も母親。とても胸が痛かった。
それとともに不安もあった。うちの娘はこのとき1歳10ヶ月。突然死しちゃう可能性がまだあるということ?って。

原因不明で、ある日突然、寝ているうちに赤ちゃんが死んでしまうという「乳幼児突然死症候群(SIDS)」。子供が1歳を過ぎるまで、心配性の私は、SIDSのことをずっと覚悟していた。静かに眠っているだけなのに、本当に息をしているのかどうかを確認するためにツンツンして、起こしてしまったことも少なからずあった。(←心配しすぎ!!)

続きを読む "「乳幼児突然死症候群(SIDS)」について" »

2005年4月17日

とほほ。でも優しさに感謝。

ふと思いついて、家族で外食に出かけました。その場でちょっと娘が粗相(そそう)をしてしまいました。自分が汚れるのはともかく、申し訳ないことに、となりのテーブルのご家族にも被害が及んでしまいました。おとなりの方々のところにはお料理が運ばれてきたばかり。「子供さんのしたことですから…」とおっしゃっていただきましたが、お料理は作り直しになってしまいました。本当に、本当にごめんなさい!! 対応してくださったお店の方々の笑顔を、とても温かく感じました。娘はその後、ケロッと何事もなかったように元気でした(そんなもんです、小さい子って。とはいえね。)。今日、優しくしてくださった方々の気持ちを受け止めて、しっかり育つんだぞ、と思う母でした。

教訓: 小さい子供を連れて出かける時は、可能であれば、親の着替えも一式持っていきましょう。(となりに小さい子供が居合わせるかどうかは予測できないけれど。)

2005年4月16日

子育て情報誌のボランティア

船橋市役所のホームページに「子育て情報誌を作ってみませんか?」というボランティア募集情報が載りました。ボランティア活動が日中でなければ、申し込んでしまうのですが。

「子育て情報誌」は船橋市役所のホームページからも見ることができます
私は、印刷された冊子を、母子手帳と一緒にいただきました。子育て関連の行政サービスが一冊にまとめられていて、どんなときにどこに問い合わせればいいのか、こういうときには何をすればいいのかが分かるようになっています。細かくは書かれていないかもしれませんが、こんなサービスがあるんだなということを知るための、最初の一歩として使えると思います。

2005年4月15日

会議は9時から18時の間に

4月から全面施行された「次世代育成支援対策推進法」に関するアンケート結果を見つけました。※引用元はYahoo! JAPANの記事です。

 ユニークな行動計画には、「保育所に子供を預ける社員に考慮し、社内の会議、打ち合わせを必ず九時−十八時の間に行う」(シンクタンク)、「親と育児分担するため、転居が必要な社員への補助」(NEC)などがあった。

会議の時間帯を行動計画に盛り込んでいるシンクタンクさんには大賛成です。私の職場では、あらかじめ言っておけば、会議の時間帯をある程度は考慮してもらえているのですが、このような行動計画に示してもらえると、気兼ねしなくていいので助かります。

続きを読む "会議は9時から18時の間に" »

育児休職規程の改定

私の会社の「育児休職規程」が改訂され、今まで1回しか出来なかった育児休職終了日の変更が、以下のタイミングでそれぞれ1回ずつ、最大3回まで後ろにずらせるようになりました。2005年3月31日現在、育児休職中の方(4月1日復職予定の方を含む)から適用になるとのこと。保育園の空きを待つ場合などに、役立ちそうです。

  1. 子供の満1歳の誕生日の前日までの範囲で、休職終了予定日以降の日に変更する場合
  2. 子供の満1歳の誕生日の前日以前から、満1歳の誕生日以降へ変更する場合
  3. 子供の満1歳の誕生日以降の範囲で、休職終了予定日以降の日に変更する場合

以心伝心ってあるかも?

今日のお昼過ぎ、前の職場で一緒に仕事していたMさんのことを、ふと思いました。最近メールしてないし、IP Messengerでも話をしていないし、お茶もしていない。元気かな。後でメール書こうかなって。それから1時間くらい経った頃、彼女からメッセージが届きました。以心伝心ってあるかも?なんて思ったり。彼女によれば、以前も私と、そんなやり取りした気がするそうだし。ちょっと興味深かったり。なんか最近、こういうちょっとしたコトが、よく起こる気がする。

2005年4月14日

懇談会ってストレス

年度始めのクラス役員決めのために、小学校の懇談会に行ってきました。ジャンケン大会で負け(ジャンケン、弱いのよね、私)、今年も希望の役員になれませんでした。高学年で役員することになる確率がさらにアップしてしまったので、かなり憂鬱です。

続きを読む "懇談会ってストレス" »

2005年4月13日

桜の表情って

法華経寺の桜2005この前の土曜日、自宅近くにある「法華経寺」に、子供たちを連れて花見に出かけてきました。ここ数年、毎年、法華経寺に花見に行っているのですが、満開の時に行けたのは今回が初めて。この日は、天気もよく風もほとんどない状態。思いっきり花つけていますという様子の桜は、迫力がありました。毎年同じところに花見に行っても、その折々で違う表情を見せてくれるのだなって思いました。
私としては、今から頑張りますっていう感じの七〜八分咲きの頃とか、満開をちょっと過ぎた頃とかの桜の方が、本当は好き。風がそんなに強くない晴れた日に、桜が舞う中を歩けると一番満足かな。
今年の法華経寺の桜の写真はこちら

2005年4月12日

左にずれています

この記事を書いている時点では「sweet journey(3列)」のリッチテンプレートを使っています。テンプレートにちょっと不具合があるようです。このページの下の方をスクロールしてみていただくと分かるのですが、記事が左にずれています。サポートセンタに問い合わせたところ、ココログのトラブルなのだそうです。そんなわけで、ちょっと見づらくなっていますが、ご容赦を。
サポートセンタと既に2往復のやり取りをしていますが、サポートセンタからの回答が結構速くて、満足しています。トラブルも速く解決してくれるといいなと思います。

2005年4月11日

今日が初めて

トイレトレーニングの話です。去年の夏頃から、時折、保育園ではできていたらしいのだけれど、自宅のオマルで出来たのは今日が初めて。たくさんほめてあげたら、娘(1歳10ヶ月)は得意気にしていました。今度の夏が終わる頃までに、オムツをはずせるように、トイレトレーニングを進めようかなと思っていたので、この調子で頑張ってほしいです。ママも頑張るつもり。
最近はとっても興味があるみたいで、自宅でもやる気満々。でも、事後のことがほとんど。そうでなければ、遊んでしまうことばかり。失敗して、違う場所でしてしまったことも数回あり。あせらないように、ちょっとずつ、トイレトレーニング実践中です。

2005年4月10日

ペットを飼い始めました

旅するペットを弟のblogで見つけ、私も飼い始めました。名前は「ふらっと」です。
まず最初に、沖縄方面に出かけてもらっています。私も沖縄行きたい!ふらっとは、予約も荷造りもせずに、クリック一つで、フラッと出かけていきました。うらやましいです。
旅先で写真を撮ってきてくれるそうなので、楽しみ。

2005年4月 7日

SE川柳

笑わせていただきました、SE川柳。私も一応SEなんだけど、ウンウンってうなづいちゃう川柳が結構あって、私だけじゃないんだって励まされました。 「SE川柳」大公開 例えば。私が社内効率化ツールを担当していた頃、「この機能がないと困るんだ!」と言われて作った機能があったんだけど、完成してから誰も使ってくれなくて悲しかったことがありました。ログ解析するとわかっちゃうのよね。誰が使ってくれたのかって(^^; 「困るんだ!」と仰っていたご本人でさえ使っていなかった。困っていないんじゃない?せめてアクセスくらいはしてほしかったなぁ。

幼稚園・保育所の一元化

幼稚園と保育園の違いって、自分が母親になるまで知らなかった。私の育った町には保育園しかなかったので、都会にある保育園のことを幼稚園と呼ぶのかと思っていた。私が保育園児だった頃、本屋さんに行っても、「たのしい幼稚園」という子供向け雑誌はあるけれど「たのしい保育園」はなかった。保育園児は「幼稚園」を読んじゃいけないんだろうなと思って、違う本に手をのばしていたのを覚えている。

続きを読む "幼稚園・保育所の一元化" »

2005年4月 4日

改正育児・介護休業法と次世代育成支援対策推進法

私が勤めている会社でも、「改正育児・介護休業法」と「次世代育成支援対策推進法」に対応した変化があった。労働協約が改訂され、育児休職が延長可能になり、積立休暇の取得が柔軟になり、半日休暇の取得回数が増えた。子供が熱が出てしまったり具合が悪くなったりして、保育園や小学校から呼び出されることも時折ある。だから、特に、半日休暇の取得回数が増えたことがうれしい。安心感が増した感じ。積立休暇を子育て中の母親としては大変ありがたいことだと思う。
改正育児・介護休業法」、「次世代育成支援対策推進法
79社が子育て支援策定 企業の少子化対策で本社調査

2005年4月 1日

足の裏にかかる重さ(その2)

今日の夕方、あまりにも重かったので、また測定してみた。今日は自分の体重+24.4kg(前回から6.4kg増)。

娘はもちろん歩けるし走れる。仕事の荷物が多い(←減らせばいいのに)から抱っこは無理だし、付き合って歩いたらいつ着くのかわからない、という親の都合で、ずっとおんぶで登園してきた。今日から2歳児クラスに進級したのだし、これを機会に、歩いて登園してもらうことにしよう。そのためには親に余裕がなくてはね。
 +12.6kg : 子供をおんぶして
 + 2.6kg : 通勤用バッグ(お弁当とその他諸々入り)を持ち
 + 4.4kg : キャリーケース(ノートPC一式と書類入り)を持ち
 + 2.6kg : 夕食の買い物を持って
 + 2.2kg : 保育園の荷物を持つ。
 -24.4kg : 帰宅して、全部下ろすと元どおり。

前回(0歳8か月の頃)の測定結果: 足の裏にかかる重さの変化

続きを読む "足の裏にかかる重さ(その2)" »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談